こんにちは、神戸市垂水区の司法書士山下です。

URに対して、設定した無意味な条件付賃借権設定仮登記の速やかなる抹消を請求しています。

本日、県会議員の先生とともにURの西日本支社を訪問し、私が提出した提案書に対してのURの対応をただしに行きました。

 

これまでの電話でのやり取りでは、本当にのらりくらりとあいまいな受け答えに終始して、抹消へのなんらの約束もしないURがどうでるのかはやる気持ちをおさえて冷静に話し合いに臨みます。

 

先方からはこのような契約になったであろう経緯の説明がありました(経緯はいいねん、消してくれれば)

その後私からの提案書に対する対応および質問はないのか正したところ、

 

「内容はわかったので対処するべく本社と協議に入っている」

 

との回答を得ました。

早急に回答を頂きたい旨、念をおしてURを後にしました。

URが解決に向けての協議に入っていると信じたいところです。